FC2ブログ
キャニオンブログ
『CANYON』の日常を自由気ままに綴っていきます
プロフィール

きゃにお

Author:きゃにお
東京都日野市でヤナセ販売協力店として、ヤナセ取扱車種を中心に輸入車を販売しております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルーズスカウターユニット
先日入庫しました「アトランティスブルー」のV350トレンド。

           DSC_0758.jpg

こちらの車両には「クルーズスカウターユニット」なるものが取り付けられております。これは、バックミラー裏に設置される小型カメラとその映像をリアルタイムに解析するユニットで、ドライブに役立つ情報を検知してサイバーナビに転送することで、「AR(拡張現実)ナビゲーション」を実現するというものです。現実の景色にナビゲーション情報を重ねてわかりやすく表示されます。

実際に使用してみました。

         DSCF4767.jpg

フロントカメラの映像がナビ画面に表示されます。

前方を走行している車を捕捉する「ターゲットスコープ」、車間距離を走行速度に応じて算出する「車間距離インジゲーター」という機能もございます。

         DSCF4752.jpg

目的地を設定すると

         DSCF4772.jpg

緑色のラインがカメラの映像に重ねて表示され、これは本当に見やすいしわかりやすいです。曲がりそこねることがなくなると思います。
さらにこのユニットはSDカードを入れるとドライブレコーダーとして動画を録画することもできます。

私個人の感想としましては、目的地を設定した時にどこで右左折するべきかということがとてもわかりやすく表示されますので、土地勘のない場所へ行くときに役立つものだと思いました。自分で見てる景色にルート案内が重なりますので、ナビを何度も確認する必要もありません。今後もっと普及してもらいたい技術だと思いました。

ちなみに写真はすべて停車中に撮っております。いつも安全運転を心がけております。




スポンサーサイト
ブラジルW杯メンバー発表!
昨日、サッカーW杯日本代表23人が発表されました!サッカー好きとしましては気になっていた所でございます。大方の予想通り大きなサプライズはなく順当なメンバー構成だと思います。2年以上代表に呼ばれていなかった大久保選手の選出がサプライズ扱いされておりましたが、実力と昨シーズンからの活躍を見れば入って当然という気がしますので、私としましては決してサプライズだとは思いません。前回の南アフリカ大会でも活躍していましたし、今大会も期待したいと思います!
個人的には中村憲剛選手を選んで欲しかったです。パスセンスと周りを活かす能力は、「日本の心臓」と言われる遠藤選手にも勝るとも劣らないと思っておりましたので、ちょっと残念です・・・。

なにはともあれW杯初戦まであと約1か月です!楽しみです!期待しましょう!


ちなみに私が大好きな選手は、元イングランド代表のポール・スコールズです。
引退してしまいましたが、今でも「You Tube」で動画を見たりしています。




“プレミアムコンパクト”スポーツハッチバック!
GW休業前にこちらの車両が入庫しました。

         DSC_0646.jpg

’04モデル“アウディ A3 2.0FSIスポーツ”。

A3はアウディが“プレミアムコンパクト”を謳うスポーツハッチバックです。こちらの2代目A3は、RJC(日本自動車研究者・ジャーナリスト会議)の2003年度カー・オブ・ザ・イヤーの輸入車部門を受賞しており、受賞理由として内外装の質感の高さ、優れた走行性能、クラスを越えたプレミアム性やコストバリューなどが評価されています。
VWのゴルフ5と基本メカニズムを共有していますが、クオリティ感、スポーツ性などでひとつ上のクラスにあると言えます。グレードは、「FSI」こと直噴化された2リッター直4エンジンを積む「2.0FSI」と、その上級版「2.0FSIスポーツ」、さらに3.2リッターV6エンジンを搭載する「3.2クワトロ」の3つがありました。

FSIエンジンは、より少ない消費燃料で大きなパワーを発揮するアウディ独自の技術です。シリンダー内へ直接噴射された燃料は、過流の効果で一気にスパークプラグ周辺へ到達し、燃焼効率の高い濃密な混合気が集中することで、理想的な燃焼を実現します。燃料一滴一滴を徹底的に燃焼させ、必要最低限の燃料で高出力、高トルク、ダイレクトなレスポンスを生み出します。
           DSC_0675.jpg

2002年の第70回ルマン24時間レースでFSIエンジン(もちろん排気量などは異なります)を搭載したR8が1-2-3フィニッシュを決めたという話は有名かもしれませんね。レースが始まってから6時間を過ぎたころから上位3位を独占、そのまま圧勝し、ルマン3連覇を達成しました。

 img_72753305bd9f1a71877302913ada8f2523187.jpgimg_009328c2a841d81f080d2154224e609629000.jpg

レース前にテクニカルディレクターは「FSIエンジンはルマンのようなレースでこそ、その利点を生かすことができます。長距離耐久レースでは、燃費に優れているということはピットストップの回数を減らすことにつながり、とても有利です。」と話しています。確かに日常生活でもガソリンスタンドへのピットインはできるだけ減らしたいですよね。このようにFSIエンジンは経済面においても優れていると言えます。

「FSIスポーツ」は、その名の通り「FSI」をスポーティに仕上げたモデルです。1インチアップされた17インチアルミホイール、15mmダウンのスポーツサスペンション、ホールド性の高いスポーツシートなどを装備しています。直噴エンジンや変速機などのドライブトレインは同じです。

こちらの車両には地デジ対応のカロッツェリア製ポータブルナビが装備されておりますので、こちらで地デジTVをお楽しみ頂くことができます。発売当時オプション設定のキセノンライトも装備されております。タイヤは現在、2012年製造の山がしっかりと残っているタイヤを装着しておりますので、使い方にもよりますがしばらくは交換しなくて大丈夫かと思われます。
日常の使い勝手も良く、重厚感ある乗り心地と高速走行での安定性もございますので、近所へのお買いもの車にもロングドライブにもお使い頂ける車両だと思います。


なお、こちらの車両は5月特別価格として、とてもお買い得な価格に設定させて頂いております。中古車は1台限りですので、コンパクト・スポーツをお探しの方は、是非お早めにご検討ください!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。