FC2ブログ
キャニオンブログ
『CANYON』の日常を自由気ままに綴っていきます
プロフィール

きゃにお

Author:きゃにお
東京都日野市でヤナセ販売協力店として、ヤナセ取扱車種を中心に輸入車を販売しております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールロードクワトロ入庫!
ステーションワゴンとSUVのクロスオーバーモデル、「オールロードクワトロ 2.7T」が入庫しました!

     DSC_0788_20171225204509b96.jpg

こちらの車両は走行距離がたったの15,200kmという超低走行車でございます。しかも1オーナー車!まだこのような奇跡的とも言える状態のオールロードクワトロが存在したのかという感じです。ボディカラーは「ハイランドグリーンメタリック」、インテリアカラーもグリーンでございます。

          DSC_0860_20171225212531521.jpg

2.7Tですので本革シートや前後席シートヒーターなどを装備しています。

          DSC_0854_2017122521252992a.jpg
          DSC_0845_2017122521252810f.jpg

爪でひっかき傷ができやすいドアミラースイッチもご覧の状態です。

          DSC_0873_201712252129059bd.jpg


良質なオールロードクワトロはどんどん少なくなっていますので、全国のオールロードファンの皆様、ぜひお早めにご連絡ください!

          DSC_0889_20171225212907c9a.jpg


スポンサーサイト
久しぶりのオールロードクワトロ!
こちらの車両が入庫しました。

     DSC_0175_20160924203932668.jpg

’04モデル“アウディ オールロードクワトロ 2.7T”。
久々のオールロードクワトロの入庫でございます。走行は52,800kmと当社としては多めですが、生産が終了してから10年経ち、中古車の台数が減ってきていますので、致し方ないといったところでございます。車検は29年6月まであります。カラーは「ハイランドグリーンメタリック(LY6J)」です。インテリアカラーもグリーンでございますが、これは外装色がハイランドグリーンでないと選べない組み合わせでございます。

DSC_0171_20160924203930721.jpgDSC_0180_20160924203935bb0.jpg
DSC_0168_201609242039298c3.jpgDSC_0177_20160924203933b9f.jpg
DSC_0257_201609242041412ed.jpgDSC_0254_201609242041396e1.jpg
DSC_0248_20160924204138a8a.jpgDSC_0219_20160924204137105.jpg


こちらの車両はオプションの「電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ」を装備しております。ルーフライニングももちろんグリーン!オシャレです。

          DSC_0211_2016092420480019d.jpg
          DSC_0255_20160924204801c3f.jpg


オールロードクワトロのエアサスペンションレベルは4段階にわかれており、高速走行時の「ローレベル」から悪路を走行するときなどの「ハイレベル2」まで66mmの高低差があります。

          DSC_0421_20160924210350162.jpg
          DSC_0420_20160924210509a82.jpg
          DSC_0419_20160924210507f1e.jpg
          DSC_0418_201609242103494b2.jpg


オールロードクワトロは走行距離の少ない車両が減ってきており、中古車市場で見ても5万km台というのは少ない方でございますので、オールロードファンの方はぜひお早めにご検討ください!




希少な「4.2」入庫です!
こちらの車両が入庫しました。

     DSC_0776_2016032719150676d.jpg

’05モデル“アウディ オールロードクワトロ 4.2”。
オールロードクワトロの最上級グレード「4.2」でございます。中古車市場でなかなかお目にかかれない希少車です。2005年モデルですのでオールロードクワトロ最終型になります。
こちらの車両は走行55,200kmと当社の車両としては多いですが、なにぶん台数のない車両ですので、致し方のないところだと思っております。カラーは「エボニーブラックパールエフェクト(LZ9W)」です。

「4.2」では前後バンパー(一部除く)、ルーフ、フェンダーアーチがボディ同色になります。

DSC_0773_20160327193159c73.jpgDSC_0784_20160327193202891.jpg
DSC_0770_20160327193158bad.jpgDSC_0780_201603271932018e5.jpg

ホイールは「2.7T」より1インチアップした18インチの「9スポーク スタイリングアルミホイール」を装着します。
               DSC_0797_20160327193238a8f.jpg

4.2ℓ V8エンジンは最高出力300ps、最大トルク38.8kgmを発揮。燃費はあまり期待しないで頂けると幸いでございます。オールロードクワトロは燃費を気にせず走りを楽しもう!というスタンスのクルマですので。でも、ものすごく悪いというわけでもないです。

               DSC_0815_20160327193239390.jpg

「4レベルエアサスペンション」も当然装備しております。

DSC_0891_2016032719530417e.jpgDSC_0890_20160327195302b3a.jpg
DSC_0889_20160327195300e43.jpgDSC_0888_201603271952595b9.jpg

インテリアでは「レカロスポーツシート」、「BOSEサウンドシステム」を標準装備しております。

DSC_0861_20160327195629221.jpgDSC_0833_20160327200755c84.jpg
DSC_0856_20160327195627de1.jpgDSC_0849_20160327195625f1a.jpg
DSC_0826_20160327195624bb5.jpgDSC_0882_20160327200757d42.jpg

オプションの「電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ」も装備しております。

DSC_0818_2016032720171249b.jpgDSC_0857_2016032720171463e.jpg

こちらの車両は純正ナビでワンセグTVが視聴できます。

DSC_0886_20160327202409656.jpgDSC_0885_2016032720240811c.jpg


「オールロードクワトロ 4.2」はとてもレアな車両のため、現在のところ中古車市場にはこの1台しかございません。内外装、ヘッドライト、メッキモールなどは年式と走行距離を感じさせないほど良好な状態です。オールロードファンの方、一目見ておいても損はしないと思いますので、ぜひ一度店頭でご覧ください!




オールロードファン必見の車両です!
こちらの車両が入庫しました。

      DSC_0767_20151107095030ef4.jpg

’03モデル“アウディ オールロードクワトロ 2.7T SV”。
走行がなんと16,800km台!オールオードの中では奇跡的な走行距離の少なさです!1オーナー車で素晴らしいコンディションの車両でございます!車検は28年5月まで、カラーは「エボニーブラックパールエフェクト(LZ9W)」です。

DSC_0770_20151117095901d48.jpgDSC_0743_2015111709585920f.jpg
DSC_0792_20151117095903523.jpgDSC_0766_20151117095900ebc.jpg

オプションのキセノンライトを装備しております。レンズはくすみが無く透き通っております。

           DSC_0784_20151117131608dc7.jpg


インテリアです。こちらもオプションであるアルカンタラ&本革シートを装備しております。

           DSC_0719_201511172126381e1.jpg
           DSC_0806_20151117212502f7e.jpg
           DSC_0709_201511172125016bb.jpg

ナビは純正のMMSですが、ROMは2013年度版にアップグレードされています。自分の記憶が正しければMMS用のROMは、これより新しいものは出ていなかったと思います。違ったらすいません。

           DSC_0378_2015111921002513d.jpg


内装の塗装がはがれやすいスイッチ類も、ご覧のようにきれいな状態を保っております。

           DSC_0704_201511172131461fa.jpg
           DSC_0724_20151117213148b6e.jpg
           DSC_0732_2015111721314976f.jpg
           DSC_0728_20151117213148e61.jpg



こちらの車両は走行が少ないだけでなくコンディションも最高と言える1台ですので、オールロードファンの方はお見逃し無いようお願いします。ぜひこちらのオールロードの素晴らしさを店頭でご確認ください!




2代目オールロード入庫!
こちらの車両が入庫しました。

      DSC_0633_20150803222620b9a.jpg

’07モデル“アウディ A6オールロードクワトロ 4.2FSI”。
アウディのプレミアムクロスオーバーモデル「オールロードクワトロ」の2代目、「A6オールロードクワトロ」でございます。こちらの車両は走行21,000km1オーナー車です。
カラーは「ラバグレーパールエフェクト(LZ7L)」という深みのあるグレーで、周りの明るさなどによって色の見え方が少し変わります。明るいグレーのインテリアカとの組み合わせもバッチリで、オールロードによく似合うオシャレなカラーだと思います。

DSC_0632_20150803223606289.jpgDSC_0640.jpg
DSC_0626_20150803223602fb0.jpgDSC_0635_20150803223607634.jpg


こちらの車両は上級グレードの「4.2FSI」ですので、本革シート、シートヒーター(フロント/リヤ)、ガラスサンルーフ、リヤビューカメラ付きのAPS(アウディパーキングシステム)、サンブラインドが標準装備となります。

DSC_0715_20150803224734ddb.jpgDSC_0704_2015080322473196c.jpg
DSC_0670_20150803224728b20.jpgDSC_0733_201508032247356fb.jpg
DSC_0741_2015080322481233a.jpgDSC_0742_201508032248184f0.jpg

こちらの車両はオプションのスポーツパッケージを装備しておりますので、シートがバイカラーの本革シートになり、前席はスポーツシートになります。ステアリングは通常4本スポークですが、3本スポークのスポーツステアリングになります。

           DSC_0719_2015080322502213b.jpg

オートマチックテールゲートもオプション品です。

           DSC_0687_2015080322513705c.jpg


A6オールロードは「アドバンスドキーシステム」を標準装備しておりますので、キーを身に着けていればドアハンドルで開錠できます。エンジンはスタートボタンを押すとかかり、ストップボタンを押すと切れます。

           DSC_0746_201508032238019ab.jpg


A6オールロードのアダプティブエアサスペンションには、5段階の車高と5つのモードが設定されています。車高は
   ロー     約125mm
   ノーマル  約140mm
   ミドル    約160mm
   ハイ1    約175mm
   ハイ2    約185mm
の5段階あります(数字は地上高で、取扱説明書に記載されている数字です)。
モードは「ダイナミック」、「オートマチック」、「コンフォート」、「オールロード」、「リフト」の5つのモードがあります。

           DSC_0740_20150804160549247.jpg

「ダイナミック」モードでは車高がローレベルまで下がり、よりアクティブな走行を実現するためにダンパーは固めに設定されます。スポーティな走りを楽しみたいときのモードです。

           DSC_0752_20150804160315452.jpg

「オートマチック」モードは乗り心地を重視したモードで、より快適な乗り心地を実現するため、ダンパーは比較的柔らかく設定されます。このモードでは車速が約120km/h以上で30秒間を超えて走行すると、車高は自動的に下降しローレベルになります。約70km/h以下で2分間を超えて走行するか、車速が35km/h以下になるとノーマルレベルに戻ります。
「コンフォート」モードを選択した場合は、高速走行をしても車高が下がらずにノーマルレベルを維持します。このモードも乗り心地重視ですので、ダンパーは比較的柔らかく設定されます。

           DSC_0751_20150804160311bcc.jpg

「オールロード」モードは一時的に未舗装路を走行する時に選択します。このモードでは車速が約80km/hを超えると車高が自動的に15mm下降しミドルレベルになります。約120km/h以上に加速するとノーマルレベルになります。車高が低くなると、重心も低くなるため操縦性が向上し、空気抵抗の減少により燃費が良くなるというメリットがあります。
車速が約80km/h以下で20秒間を超えて走行すると、車高はミドルレベルに上昇します。約35km/h以下で12秒間を超えて走行すると、車高はハイ1レベルに上昇します。

           DSC_0750_20150804160309dde.jpg

悪路や起伏のある道を走行する時は、最大地上高になる「リフト」モードを選択します。車両が停止していると直ちにハイ2レベルに上昇します。このモードは車速が25km/h以下になった時のみ適用され、車速が25km/hを超えると選択できません。車速が35km/hを超えると自動的に「オールロード」モードに切り替わり、これを維持します。また車高はハイ1レベルに下降します。

           DSC_0748_2015080416030798a.jpg


パワフルな4.2ℓエンジンは、V8特有の力強いサウンドとともに、最高出力350ps、最大トルク44.9kgmを発揮します。

           DSC_0744_201508032238009fb.jpg



こちらの「A6オールロードクワトロ 4.2FSI」は新車価格が約1000万円という、ステーションワゴンとしては高額な車両でしたが、それに見合うだけの装備や技術が詰め込まれた、まさに“プレミアム”なクルマだと思います。エクステリアからはオフロード色がやや薄まり優雅な印象を受けますが、走りの面では名前の通りあらゆる道でドライビングを楽しめるクルマです。
どうぞご検討の程宜しくお願い致します。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。