FC2ブログ
キャニオンブログ
『CANYON』の日常を自由気ままに綴っていきます
プロフィール

きゃにお

Author:きゃにお
東京都日野市でヤナセ販売協力店として、ヤナセ取扱車種を中心に輸入車を販売しております。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カウンター


カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェのSUV!
こちらの車両が入庫しました。

     DSC_0871_201610242106218e6.jpg

’09モデル“ポルシェ カイエン ティプトロニックS”。
「カイエン」はスポーツカーメーカーだったポルシェが、VWと共同開発したポルシェ初のSUVで、2002年の「パリ・モーターショー」、通称「パリサロン」で発表されました。ポルシェ初のSUVモデルであると同時に、ポルシェ初の4ドアモデルでもあります。当初は賛否両論のあったモデルですが、現在では世界中で大人気のモデルになっています。「カイエン(Cayenne)」という車名は、世界各地で「痛快」、「冒険心」、「生きる喜び」を表す代名詞からとられたとのことです。
こちらの車両は走行25,300km、カラーは「サンドホワイト(R9A)」です。

DSC_0868_20161024210619f62.jpgDSC_0877_201610242106239ee.jpg
DSC_0862_20161024210618cd2.jpgDSC_0873_20161024210622cb7.jpg
DSC_0960_20161024211049928.jpgDSC_0953_201610242110472a2.jpg
DSC_0946_20161024211046bac.jpgDSC_0920_20161024211044ecb.jpg


3.6ℓ V6エンジンは最高出力290ps、最大トルク39.3kgmを発生し、4WDシステムはフルタイム式の「ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム」。基本はフロント38%:リア62%というスポーティな配分で4輪を駆動し、運転状況によっては前後の一方に100%のトルクが自動的に配分されます。

          DSC_0911_2016102421341891d.jpg


オプションの「パークアシストシステム」と「バイキセノンヘッドライト」を装備しています。「パークアシストシステム」は、フロントおよびリアのバンパーにセンサーが組み込まれ、車両の前後に障害物を検知すると、音とディスプレイの表示で警告します。障害物との距離が縮まるにつれて警告音の間隔が短くなり、センターコンソールのディスプレイでは表示の色を変化させて知らせます。駐車する際の利便性と安全性を高める機能です。

DSC_0892_20161025095641837.jpgDSC_0886_20161025095639f5d.jpg
DSC_0991_2016102509564408d.jpgDSC_0990_201610250956429ff.jpg

「バイキセノンヘッドライト」にはコーナリングライト機能とウォッシャー機能もセットで装備されます。

          DSC_0900_20161025213741db6.jpg


インテリアでは「フロントシートヒーター」と「フルオートエアコンディショナー」、「プライバシーガラス」がオプション装備になります。

          DSC_0971_20161027094209526.jpg
          DSC_0987_20161027094211c7b.jpg


ポルシェ曰く、カイエンは「紛れもないスポーツカー」でありながらも「ファーストカーとして使えるモデル」ということですので、贅沢な気もしますが、日常生活の“足”としてお使い頂くのもありということでしょうか。そんな乗り方、憧れてしまいますね。




スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。